日医工について 創造をチカラに、ジェネリックメーカーの世界TOP10を目指しています。

社長挨拶

日医工グループは、1965年の創立以来、健康な生活を願う人々の期待に応えるため、経済性に優れた品質の高い医療用医薬品の製造販売を続けてまいりました。

近年、我が国の国民医療費は増加傾向にあり、2017年6月に示された「骨太の方針2017」では、「2020年9月までに後発医薬品の使用割合を80%とし、できる限り早期に達成できるよう、更なる使用促進策を検討する。」とされ、医療費抑制におけるジェネリック医薬品の役割とスピード感に対する期待が大きいことを感じます。また、今後は新たにバイオシミラーへの促進策も検討されると考えます。

当社グループは、「日本の新しいジェネリック市場80%の世界」を見据えて、2016年4月から2019年3月までの第7次中期経営計画「Obelisk」を策定し、地域包括ケアシステムにも対応した「シェアUP力」、世界市場への供給も見据えた210億錠供給体制の確立を目指す「供給能力」、バイオシミラー・米国市場への参入を見据えた「開拓力」を基本戦略として、「圧倒的な存在感で創造をチカラに世界へのテイクオフ」をテーマに掲げ、企業基盤を充実してまいります。

我々日医工グループは、絶えず創造し、挑戦することで、世界の患者様に選んでいただける「今を超える超品質」に取り組み、“ジェネリックメーカー世界TOP10”を目指して参ります。

代表取締役社長 田村友一

社長インタビュー記事

ページトップへ戻る