日医工について 創造をチカラに、ジェネリックメーカーの世界TOP10を目指しています。

品質方針

日医工グループは、医薬品に関係する法令を遵守し、かつ世界の患者様、薬剤師様、お医者様、卸売業者の方々、製薬企業の方々の期待を理解し、その期待に応えるジェネリック医薬品の製造および販売を行うことを約束いたします。

日医工グループは、医薬品GMP、GQPの遵守はもとより、さらにICHで求められる「医薬品品質システムに関するガイドライン」に求められたシステムを早期に構築することに取り組みます。私は、日医工グループを代表してこの約束を守ることを確約いたします。

以下の内容を含む品質目標を設定し、私自らその結果をレビューし達成度を判定します。

  • 1  「くすり」の倫理・道徳を踏まえ、法令遵守を組織内に周知徹底します。
  • 2  使用される方の期待やニーズ、苦情をトータル的に掌握し、既存製品の改善、新製品の開発に反映させていきます。
  • 3  「くすり」の開発から生産・販売までの品質情報を一括管理し、是正措置と予防措置を継続的に行っていきます。
  • 4  製造委託先、原薬等購入先の決定に先立ち、業務遂行能力や供給の適性および能力について、評価、監査等を徹底し、その状況を継続的にモニタリングしていきます。
  • 5  品質に関する技術や情報の継承を徹底し、こだわりを持って品質の維持向上に取り組みます。
  • 6  品質保証に係わる報告文書を直接レビューし、経営資源投下を含めて適切に判断していきます。

2010年5月1日
代表取締役社長 田村友一
田村友一

ページトップへ戻る