一般の皆さまへ ジェネリックは、あなたの健康と生活を守る医薬品です。ジェネリック医薬品の正しい知識を身につけて賢く利用しましょう。

情報提供体制

ジェネリック医薬品メーカーは低コストの医薬品を開発することで、医療費抑制に貢献しております。低コストの医薬品においても医療機関への情報提供は必須不可欠であり、全国にMR(医薬情報担当者)を配置して継続的な情報提供活動に努めています。日医工では、医療関係者の方々に当社販売製品の情報及び行政情報等をご提供させていただき、また患者様への情報提供をサポートさせて頂くために、独自の体制により充実した情報提供を行っています。

日医工の情報提供体制への取り組み

サイトコンテンツの充実
日医工サイトの製品情報検索ページ(DIページ)はデザインに工夫を凝らし、情報へのアクセシビリティに配慮しています。当社製品の添付文書、適正使用情報や製剤写真などが検索・閲覧できます。
 製品情報検索ページには安全性情報(副作用ラインリスト、使用成績調査結果)を掲載し、最新の情報を提供しています。
サイトコンテンツの充実
お客様サポートセンター

当社製品に関するご質問やご相談の窓口として、お客様サポートセンターを設置しています。製品のお問い合わせや資料請求などに対応し、情報のサポートに取り組んでいます。お受けした内容は、担当MR(医薬情報担当者)へ伝達し、サポートセンター・担当MR・医療機関の間で切れ目のない情報提供に努めています。

お客様サポートセンター

TEL:(0120)517-215(AM 8:30〜PM 6:30 (土・日、祝祭日、弊社休業日を除く))
FAX:(076)442-8948
e-mail:kusurisoudan@nichiiko.co.jp

PENGE(市販後情報収集システム)による「育薬」
発売後の医薬品に関して、医師、薬剤師、製薬企業、患者様それぞれが使いやすく、より有効で安全な医薬品に育てていく取り組みを「育薬」といいます。MRやサポートセンターの活動で医療現場からの市販後情報を収集することから「育薬」サイクルが始まります。
 当社は、収集した市販後情報を独自のアルゴリズムで評価・解析し、それらの情報をもとに医薬品(製品・情報)を進化させるというシステム「PENGE」(Product Evolution of Nichi-Iko’s GEeneric drugs)を構築しました。PENGEによって市販後情報を社内で共有し「育薬」を推進します。また、市販後情報に対応する中で生まれる「適正使用情報」を医療現場に提供していくことで「超品質」に取り組んでいます。
日医工MPIによる情報提供、人材育成、講演会支援
2011年9月、株式会社日医工医業経営研究所(日医工MPI)が誕生しました。医療機関や流通業の皆様への積極的な情報提供により医療業界に貢献することが設立のねらいです。医療行政関連資料の提供、当社のジェネリックと行政情報のサイト「Stu-GE」の管理・運営、講演会の開催や勉強会への講師派遣などを柱としています。
 設立当初から、北陸銀行との業務提供も実現し、医業の支援に関する各種情報を交換して協力することにより、国内の医業の発展にも寄与していきます。
日医工MPIによる情報提供、人材育成、講演会支援
専門的な人材の育成
日医工の情報提供システムの中核を担うMPS(Medical Practice Support:医業経営支援)チームは現在、公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会の認定を受けた「MPSコンサルタント」38人(2012年10月現在)と社内資格である「MPSアドバイザー」※210名(2012年10月現在)で構成されています。全MRにこれらの資格取得を促進し、医療に従事する方々に当社製品の情報に加えて医療行政情報や医業経営情報なども提供する付加価値をもったMR活動を行っています。
 MPSチームの活動は、医療行政情報やジェネリックに関する説明会の開催、MPI作成資料による情報提供が中心です。説明会実施件数は増加傾向にあり、特に診療報酬改定の年は飛躍的に伸びています。
Stu-GEのコンテンツの充実
当社サイト内にジェネリックと医8療行政情報サイト「Stu-GE(スタジー)」を公開し、ジェネリックや医療行政などに関する情報やツールをお届けしています。(Stu-GEとはStudy Genericからの造語です。)
 会員登録をしていただいた方向けに、メールマガジンを配信してStu-GEの新着情報をお届けしています。MPI作成資料に解説を加えた動画を掲載する会員専用ページも閲覧いただけます。(会員登録無料)

※Stu-GEページ
http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/index.php
Stu-GEのコンテンツの充実

ページトップへ戻る