一般の皆さまへ ジェネリックは、あなたの健康と生活を守る医薬品です。ジェネリック医薬品の正しい知識を身につけて賢く利用しましょう。

日医工製品の取り組み

日医工の剤形改良についてご紹介いたします。

日医工の剤形改良製品の一部紹介

(1)服用しやすさ
<小型化(カプセル・錠剤サイズなど)>
プランルカストカプセル(抗アレルギー薬)、
コフノールLカプセル(去痰剤) 等
<カプセルの錠剤化>
トラコナ錠 (抗真菌剤)
<服用薬剤数の低減(2錠分⇒1錠)>
プロルナー錠40μg(血液用剤)、
トラコナ錠100mg(抗真菌剤) 等
プランルカストカプセル112.5mg 「日医工」(4号カプセル)

プランルカストカプセル112.5mg
「日医工」(4号カプセル)

トラコナ錠50mg

トラコナ錠50mg

(2)取扱いやすさ
<粉末製剤の液剤化による調製作業軽減>
アシクロビン注(抗ウイルス剤)、
カタクロン注(血液用剤) 等
<湿度による硬度低下防止の工夫>
レニベーゼ錠(降圧剤)、
ラニタック錠(消化器用剤) 等
(3)独自の製剤工夫
<易分割錠(クロスタップ®錠)>
ベニジピン塩酸塩錠(降圧剤)、
ドキサゾン錠(降圧剤) 等
レニベーゼ錠5mg

レニベーゼ錠5mg

ベニジピン塩酸塩錠4mg「日医工」

ベニジピン塩酸塩錠4mg「日医工」

環境に配慮した製品作りへの取り組み

当社で製造する錠剤やカプセル剤に使用している包装資材(PTPシート)を、従来使用していた塩化ビニル(PVC)は焼却時にダイオキシンが発生することから、環境にやさしいポリプロピレン(PP)を使用するよう平成16年度より取り組み、包装ラインを全面切り替えし、できるだけ環境にやさしい製品を製造できるよう取り組んでいます。なお、これはジェネリック業界では最初の取り組みであり、今後もできる限りの環境対策にも取り組んでいきたいと考えています。

取り違え防止対策への取り組み

注射や点滴での取り違えを未然に防止する観点より、当社では注射薬の製品名ラベル部分を2層構造にし、製品名シール(上層ラベル)として利用できるようにしています。上層ラベルを簡単に注射シリンジや点滴容器などに貼ることができ、医薬品名・含有量が判別できることにより、シール作成の手間を省くだけでなく、取り違えの防止に役立っています。

ページトップへ戻る