一般の皆さまへ ジェネリックは、あなたの健康と生活を守る医薬品です。ジェネリック医薬品の正しい知識を身につけて賢く利用しましょう。

ジェネリック医薬品を安心して使用するため、国や県はどんなことに取り組んでいるの?

国や県では、ジェネリック医薬品の信頼性を高め、 使用促進を図るための取組みを推進しています。

厚生労働省では「平成30年3月末までに、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の数量シェアを60%以上にする」という目標を掲げ、ジェネリック医薬品の信頼性を高め、使用促進を図るための取組みを推進しています。

都道府県では、医療関係者、消費者等からなる協議会を設置し、使用促進策について協議し、ジェネリック医薬品に関するパンフレットの作成・配布を行うなど普及啓発に取り組んでいます。

後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ(抜粋)

厚生労働省では「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」として「平成30年3月末までに、後発医薬品の数量シェアを60%以上」という政府の目標達成に向け、患者及び医療関係者が安心して後発医薬品を使用することができるよう、

  • (1) 安定供給
  • (2) 品質に対する信頼性の確保
  • (3) 情報提供の方策
  • (4) 使用促進に係る環境整備
  • (5) 医療保険制度上の事項

に関し、国及び関係者が行うべき取組みを明らかにしています。

ページトップへ戻る