採用情報 創造をチカラに世界への挑戦 全ての人に信頼され、選ばれるジェネリックメーカーを目指し、日本のジェネリック市場の創造と世界への挑戦を続けています。

次世代認定マーク「くるみん」取得

子育て支援企業として次世代認定マーク「くるみん」を取得

高齢化社会が進み、少子化が急速に進行し労働人口が減少しつつある中、女性の労働市場への進出を推進することは大きな課題です。当社では育児休職・育児勤務制度の整備を進め、従業員にとってワーク・ライフ・バランスの取れた職場環境整備を進めております。
その結果、2015年3月に第3回「行動計画」(期間:2011年4月1日〜2014年3月31日)に対し、「子育てサポート企業」として、くるみんマークの認定を受けました。

「世界に挑戦する女性の力“女性がきらめけば企業も輝く”」を経営トップの宣言としており、今後一層の女性活動推進に向け、女性の働きやすい職場環境を整備し、更なる女性管理職比率の引き上げを目指してまいります。

ワーク・ライフ・バランスへの取り組み

現在、下記第5期行動計画を策定し、従業員が “働きがいがあり” “働きやすい” 職場環境整備を継続して進めて参ります。

【目標1】所定外労働時間を5%削減

<対策>
(1)ノー残業デーの設置を検討し週の所定外労働時間の削減を目指す。
(2)業務の棚卸(5S)を実施し労働時間を削減する。

【目標2】年次有給休暇取得率の5%向上

<対策>
(1)社内制度のスケジュール休暇について、管理機能を高める為に予実管理できる仕組みにし、本人・上長が見える形にする。
(2)目標1のプロセスと併せ、有給休暇の取得率アップのための啓蒙を行う。
(3)管理職の率先取得により部署内の意識を変える。

【目標3】子育て支援

<対策>
(1)育児休業の取得について、男性の取得率を10%以上とする。
(2)女性営業職について、仕事と家庭を両立できるキャリアプランを作成する。
(3)育児休業および育児短時間制度について、運用方法(休業前後の説明の充実および相談窓口の設置等)や期間を見直す。

【目標4】女性活躍に向けた取組

<対策>
(1)管理職の候補となり得る社員の育成・研修に男女の区別なく参加させる。
(2)ロールモデルの設定・選定を行い、事例を社内広報する。
(3)女性幹部(部長職以上)について、これまでと同様、性別に関係なく業績・能力にて登用を進める。

【目標4】学生・生徒の受け入れの継続

<対策>
(1)「インターンシップ」について年間4名以上を目標に継続して毎年受け入れる。対応職種の拡大と内容の充実について検討・実施する。
(2)「14歳の挑戦」の受入継続と対象校の拡大を検討する。
くるみん認定について

ページトップへ戻る