環境への取り組み

環境マネジメント体制について

ISO14001自己適合宣言について

環境マネジメントシステム

当社はISO14001の規格に沿った環境マネジメントシステムを構築し、2017年6月に自己適合宣言(※)を行いました。(※)ISO14001の規格書に明記されている正式な方式に沿って環境マネジメントシステムを自組織で構築し、自社の責任においてISOの国際規格に適合していることを監査し、適合していることを宣言すること。

基本理念

日医工グループは、環境問題への取り組みが社会的責務の一つであることを認識し、事業活動に伴う環境負荷の低減と改善に向けた取り組みを継続的に推進します。 ※自然環境との調和をはかり、人々の健康生活に貢献するモノづくりを目指します。

行動指針
  • 製造から廃棄までの各領域において環境に配慮した物作りをし、地球温暖化防止と循環型社会形成の実現に努める。
    • ①使用する化学物質を適正に管理する。
    • ②大気・水質への環境負担を削減する
    • ③3R(リデュース・リユース、リサイクル)を推進するとともに、廃棄物運用管理の徹底を図る。
    • ④省資源、省エネルギーを推進する。
  • 継続的な環境改善に努めるとともに、事故及び緊急時においても、地域の環境に影響を及ぼさないよう、予防を徹底する。
  • 環境関連の法規制・協定及び組織が受け入れを決めた要求事項を遵守し、さらに自主管理基準の設定により環境管理の向上に努める。
  • 事業活動が環境により影響を与えることを、環境目的・目標に設定し、計画的に推進するとともに定期的にレビューすることにより、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図る。
  • 社会貢献活動ならびに地域社会とのコミュニケーションを推進する。
  • この環境方針を組織で働く、または、組織のために働くすべての人に周知する。
  • この環境方針は、社内外から要求された際には、配布もしくは公開する。
環境セミナーの様子 環境セミナー
環境委員会の様子 環境委員会
廃水処理設備教育の様子 廃水処理設備教育
自己適合宣言の適用規格及び範囲

適用規格:JIS Q 14001:2004、ISO 14001:2004 ※ISO14001:2015への対応を検討

適用範囲:日医工グループ 6生産拠点(北海道・山形・埼玉・愛知・静岡・富山)

環境内部監査の実施状況
内部監査の様子

活動停滞を防止するため、環境内部監査は他工場の監査員を受け入れて相互監査を行う体制で運用する。