溝口 達也

「成長し続ける企業」を実感!
忙しくも充実した日々。

信頼性保証本部 品質保証部
品質保証グループ
溝口 達也(みぞぐち たつや) さん 
出身都道府県/大分県
卒業学部・学科/大学院卒 医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻
入社年/2014年3月
溝口 達也

イメージ通り、年々事業が拡大。

就職活動をしている中で、ジェネリック医薬品は今後もっと大きな業界になっていくのではないかと興味を持ち、その大手である日医工なら、多くの人に選ばれる薬の仕事に携われると考えました。
入社後、会社が年々成長し続けていることを実感。例えば、富山工場では数年の間にハニカム棟、ピラミッド棟、オベリスク棟と、開発や製造をおこなう建物が次々に建設されていますし、国内外で拠点が増えるなど事業も拡大しています。私自身、毎日いろいろな案件と向き合うため忙しいのですが、あれもこれもと焦る気持ちがありつつ、まずは落ち着いて1件ずつ丁寧に的確に処理するよう心がけています。

国内各地の約20カ所を担当。

いまは、製造所(工場)で発生する変更の管理がおもな仕事。例えば製造所から「薬のつくり方を変更する」という連絡がきた場合、品質や承認書に影響がないかを確認したり、時には承認書を変更するために他部署への連絡をおこなったりします。私は自社の静岡工場のほか、委託先を含めて約20カ所を担当。メール連絡はもちろん頻繁で、実際に製造所に赴いて話を聞くこともありますね。
それから、世界的な情勢に合わせて国内において新たなガイドラインが設けられた時に、日医工の薬がその規格を満たしているかどうかを確認するのも私たちの仕事です。そのために講習会などにも積極的に参加し、新たな知識や情報の習得に励んでいます。

溝口 達也
溝口 達也

初出張で海外!半年がかりの案件も。

これまでで印象に残っているエピソードが2つあります。1つは、入社後の初出張が海外だったこと。韓国の製造所で設備変更の件を確認するため上司に同行したのですが、仕事内容も会話も分かりません。通訳を頼りに、上司と先方担当者との会話を必死にメモするのみ!でも帰国後、報告書を作成している上司から「ここはどう言ってたっけ」と聞かれ、自分のメモが書類の細部を補うのに役に立ちました。これは本当に嬉しかったですね。
もう1つは、全国的に承認書をすべて見直さなくてはいけなくなった時のこと。日医工には自社・委託先を含めて多くの製造所がある上、扱う品目もかなり多いんです。部署全員で連日取り組み、さらに他部署や製造所の方々にも協力していただきながら、約半年かかってやり遂げました。この時の結束力と達成感は、今でも忘れられません。

明るい職場と快適な社宅で。

職場環境やプライベートの充実度は申し分ないです。職場内は議論や談笑でいつも明るく、かたい雰囲気はありません。上下の関係もフランクですね。入社時からお世話になった上司が別部署に異動されたのですが、今でも電話で話したりすると「仕事はどう?」と気にかけてくださったり、アドバイスをいただいたり、ありがたいです。
プライベートでは夕飯が不規則になりがちなので、栄養面や食べ過ぎには気を付けています。社宅は市内の中心部で大通りに面した好立地。建物自体が新しく、一人暮らしには十分な広さと快適な設備が整っています。上下と隣にも居住者がいますが、防音がしっかりしていて生活音はほとんど気になりません。通勤も徒歩10分以内で、仕事に打ち込める環境です。

溝口 達也
溝口 達也

A PRIVATE DAY
プライベートな一日

社内外のサークルで硬式テニスをしています。会社の先輩とペアを組んで、市内の大会に出場することも。あとは国内旅行が好きで、全都道府県踏破を目指しています。今まで行った中では、特に山梨県の河口湖に魅了されました。自然環境や周辺施設に惹かれて、毎年訪れています。夏に行くことが多いのですが、河口湖一周サイクリングは爽快ですよ!