ジェネリック関連文献ライブラリー ジェネリック医薬品に関する文献を掲載しています。文献は随時追加しています。

行政・経済

文献一覧

掲載誌年月 資料名 詳細ページ
2015-6 行 柳原玲子: 日本におけるバイオ後続品の開発状況と承認審査、 ジェネリック研究 9 (1)、 5-18、 2015 詳細
2014-6 行 緒方宏泰: 後発医薬品の原薬調達状況に関する調査結果、 ジェネリック研究 8 (1)、 44-53、 2014 詳細
2014-6 行 荒戸照世: バイオシミラーに係わるガイドラインと最近の動き、 ジェネリック研究 8 (1)、 25-30、 2014 詳細
2014-6 行 武藤正樹: 薬剤給付管理(PBM)とジェネリック医薬品〜日米PBMシンポジウムより〜、 ジェネリック研究 8 (1)、 5-9、 2014 詳細
2013-12 行 川俣知己: ジェネリック医薬品におけるGMPのありかた〜製造・品質管理の変遷と問題点、 ジェネリック研究 7 (2)、 102-109、 2013 詳細
2013-8 行 田中佑典ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用35 アムロジピンベシル酸塩とニルバジピンの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 70 (2)、 255-261、 2013 詳細
2013-8 行 丸山純矢ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用34 トリクロルメチアジドとヒドロクロロチアジドの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 70 (2)、 249-254、 2013 詳細
2013-6 行 坂巻弘之: 医療費に関わる論点とジェネリック医薬品の役割ー医療支出,医薬品支出,ジェネリック医薬品使用促進策の国際比較をもとにー、 ジェネリック研究 7 (1)、 5-16、 2013 詳細
2013-3 行 緒方雅章ほか: 一般名処方せんの保険薬局における応需状況、 調剤と情報 19 (3)、 387-392、 2013 詳細
2013-2 行 佐久山光平ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用33 ニトレンジピンとニソルジピンの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 69 (2)、 295-300、 2013 詳細
2013-2 行 木曽俊斉ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用32 トラニラストとタザノラストの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 69 (2)、 289-294、 2013 詳細
2013-2 行 小池一斗ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用31 ニザチジンとラニチジン塩酸塩の有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 69 (2)、 283-288、 2013 詳細
2013-2 行 鶴巻夏紀ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用30 イブプロフェンとロキソプロフェンナトリウムの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 69 (2)、 275-281、 2013 詳細
2012-10 行 鹿野昌平: 後発医薬品の供給リスクとしての知的財産権係争事例の解析、 医療薬学 38 (10)、 628-633、 2012 詳細
2012-9 行 川崎ナナほか: バイオ後続品、 日病薬誌 48 (9)、 1079-1086、 2012 詳細
2012-2 行 長井紀章ほか: チェーン薬局に所属する薬剤師の意識とジェネリック医薬品普及に関する調査研究、 医療薬学 38 (2)、 111-117、 2012 詳細
2012-1 行 山本麻耶子ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用25 硝酸イソソルビド経皮吸収剤とニトログリセリン経皮吸収剤の有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 67 (1)、 103-108、 2012 詳細
2012-1 行 山田幸恵ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用24 クリノフィブラートとべザフィブラートの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 67 (1)、 97-101、 2012 詳細
2012-1 行 伊藤逸勢ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用23 メキタジンとオキサトミドの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 67 (1)、 91-95、 2012 詳細
2012-1 行 阿部佑香ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用22 外用酪酸ヒドロコルチゾンと外用トリアムシノロンアセトニドの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 67 (1)、 85-89、 2012 詳細
2012-1 行 山田享ほか: 東海コンソーシアム(ToCoM)によるジェネリック薬品採用後の収支改善に関する経済学的分析、 ジェネリック研究 6 (1)、 20-26、 2012 詳細
2012-1 行 廣谷芳彦ほか: 平成22年度調剤報酬改定後における後発医薬品の使用状況と薬剤師の意識に関する調査、 ジェネリック研究 6 (1)、 13-19、 2012 詳細
2011-12 行 仲島陽介ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用21 血管拡張薬である塩酸ヒドララジン,ブドララジンおよびカドララジンの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 66 (6)、 961-966、 2011 詳細
2011-12 行 宮下和歩ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用20 トリアゾラムとゾピクロンの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 66 (6)、 955-959、 2011 詳細
2011-12 行 金子俊郎ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用19 クロチアゼパムとエチゾラムの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 66 (6)、 949-954、 2011 詳細
2011-12 行 宇野宗司ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用18 抗血小板薬であるシロスタゾールとチクロピジンの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 66 (6)、 943-947、 2011 詳細
2011-8 行 井関健ほか: 平成22年度学術委員会学術第6小委員会報告 後発医薬品に関する調査研究(最終報告)、 日病薬誌 47 (8)、 957-959、 2011 詳細
2011-7 行 田中浩一ほか: DPC対象病院における経済的要素を考慮した制吐薬選択、 新薬と臨牀 60 (7)、 1356-1363、 2011 詳細
2011-4 行 鎌田泉: 薬価の視点から見たバイオ後続品、 PHARM STAGE 11 (1)、 32-36、 2011 詳細
2011-4 行 瓜生匡秀: バイオシミラーの分析・評価、 PHARM STAGE 11 (1)、 21-26、 2011 詳細
2011-4 行 荒戸照世: バイオ後続品の承認審査資料における臨床データパッケージについて、 PHARM STAGE 11 (1)、 5-12、 2011 詳細
2011-4 行 山口照英: バイオ後続品/バイオシミラーの海外の規制動向と今後の展望、 PHARM STAGE 11 (1)、 1-4、 2011 詳細
2011-1 行 森田貴大ほか: カルボプラチン製剤の多規格採用とジェネリック医薬品への切り換えによる経済効果、 ジェネリック研究 5 (1)、 32-38、 2011 詳細
2011-1 行 河合優ほか: DPC病院におけるジェネリック医薬品を導入する際の経済効果と問題点、 ジェネリック研究 5 (1)、 27-31、 2011 詳細
2011-1 行 桝田祥子: 医薬特許の最近の話題一特許権存続期間延長登録制度に関する新たな解釈について、 ジェネリック研究 5 (1)、 5-13、 2011 詳細
2011-1 行 角田秀雄: 輸入原薬の現状と課題−薬事法改正が及ぼす影響−、 ジェネリック研究 4 (1)、 53-58、 2011 詳細
2011-1 行 内藤和行: ジェネリック薬導入を契機とした経営収支の改善−適正な投薬に向けて−、 ジェネリック研究 4 (1)、 47-52、 2011 詳細
2011-1 行 岡田文俊: ジェネリック(GE)企業の将来展望と田辺製薬販売の取り組み、 ジェネリック研究 4 (1)、 44-46、 2011 詳細
2011-1 行 長谷川秀樹ほか: 後発医薬品導入に伴う経済効果の検証、 ジェネリック研究 4 (1)、 19-23、 2011 詳細
2011-1 行 長岡俊広: 調剤室へのメール便 薬事法改正後のジェネリック医薬品、 大津市薬会報 91 、 10-12、 2011 詳細
2010-12 行 田中崇博ほか: 乳癌患者に対するジェネリック医薬品を用いた化学療法の意識調査、 癌と化学療法 37 (13)、 2887-2890、 2010 詳細
2010-11 行 櫻枝香与ほか: 後発医薬品に関する薬剤師への啓発を目的とした実態調査、 医薬品情報学 12 (2)、 85-91、 2010 詳細
2010-10 行 高橋淳ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用15 三環系抗うつ薬アモキサピンと四環系抗うつ薬マプロチリンの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 64 (4)、 537-542、 2010 詳細
2010-10 行 五十嵐里佳ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用14 ファモチジンとシメチジンの有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 64 (4)、 531-536、 2010 詳細
2010-10 行 奥田佳那ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用13 セフォチアム塩酸塩とセフォチアムヘキセチル塩酸塩の有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 64 (4)、 525-529、 2010 詳細
2010-10 行 岩崎広大ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用12 本態性高血圧症に用いられるピンドロールの徐放性製剤と普通製剤の有効性・安全性および経済性の比較検討、 医学と薬学 64 (4)、 519-524、 2010 詳細
2010-7 行 前田真之ほか: 後発医薬品導入による注射抗菌薬使用量の変化と院内分離菌への影響、 日病薬誌 46 (7)、 939-943、 2010 詳細
2010-6 行 篠原久仁子: 患者のためのジェネリック医薬品適正使用推進のコツ、 調剤と情報 16 (6)、 686-692、 2010 詳細
2010-4 行 安原昌子ほか: 診断群別包括払い制度(DPC)導入が注射用抗菌薬の使用動向や購入金額などに与える影響、 日病薬誌 46 (4)、 527-530、 2010 詳細
2010-3 行 島田智明ほか: グローバル市場における後発医薬品との競争:内資系大手製薬企業4社の事例研究、 国民経済雑誌 201 (3)、 、 2010 詳細
2010-1 行 前田健一郎ほか: 編集長VISITING(314) “情報洪水時代”の市販後調査 薬剤師も積極的関与を、 医薬ジャーナル 46 (1)、 156-161、 2010 詳細
2010-1 行 長野健一: 特集 市販後調査についての動向 5.ジェネリック医薬品の医薬品情報提供〜日本ジェネリック製薬協会における取り組み〜、 医薬ジャーナル 46 (1)、 103-106、 2010 詳細
2010-1 行 川上純一ほか: 欧米におけるジェネリック医薬品政策の現状からわが国が学ぶべきこと、 医薬ジャーナル 46 (1)、 63-70、 2010 詳細
2010-1 行 田中守ほか: 複数規格医薬品の適正選択による経済効果の検討、 日本薬剤師会雑誌 62 (1)、 87-90、 2010 詳細
2009-11 行 井関健ほか: 平成20年度薬剤使用状況等に関する調査研究、 日病薬誌 45 (11)、 1529-1534、 2009 詳細
2009-10 行 阿部充ほか: 使用目的の異なるプロピオン酸ベクロメタゾン吸入剤の比較検討、 医学と薬学 62 (4)、 657-660、 2009 詳細
2009-10 行 佐藤仁史ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用10 狭心症治療薬の硝酸イソソルビド、アセブトロール、ニコランジルの比較検討、 医学と薬学 62 (4)、 653-655、 2009 詳細
2009-10 行 長門祐子ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用9 フルニトラゼパムとニトラゼパムの比較検討、 医学と薬学 62 (4)、 649-652、 2009 詳細
2009-10 行 舘野俊之: DPC関連病院におけるジェネリック医薬品使用実態、 ジェネリック研究 3 (1)、 27-35、 2009 詳細
2009-8 行 地田淳輝ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用8 Tegafurとtegafur−uracilの比較検討、 医学と薬学 62 (2)、 247-251、 2009 詳細
2009-8 行 小林愛ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用7 精神科領域に用いられるスルピリドと内科領域に用いられるスルピリドの比較検討、 医学と薬学 62 (2)、 243-246、 2009 詳細
2009-8 行 尾坂早苗ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用6 ACE阻害薬のカプトプリル,エナラプリル,アラセプリルの比較検討、 医学と薬学 62 (2)、 239-242、 2009 詳細
2009-8 行 小菊量佑ほか: 医薬品副作用症例データベースの応用5 塩酸プロカテロールの経口剤と吸入剤の比較検討、 医学と薬学 62 (2)、 235-237、 2009 詳細
2009-5 行 大石了三: 特集/日常診療に役立つくすりの選び方・使い方 我が国における薬剤使用の動向、 臨牀と研究 86 (5)、 543-546、 2009 詳細
2009-2 行 赤須晃治ほか: 急性血液浄化法に用いる抗凝固薬(メシル酸ナファモスタット)の先発品と後発品との薬効の相違について、 ICUとCCU 33 (2)、 165-168、 2009 詳細
2009-2 行 小野信文: 「ジェネリック医薬品概論」 第5回行政の取組:−福岡県の先進的取り組み−、 ふくおか県薬会報 22 (2)、 65-75、 2009 詳細
2008-11 行 久保盛裕ほか: フランスにおけるジェネリック医薬品の薬局に対する値引きの実態−さらに効率的な節約の余地はあるか?−、 薬理と治療 36 (11)、 1063-1075、 2008 詳細
2008-9 行 浦谷久美子: フランスにおける医療費抑制策、 日病薬誌 44 (9)、 1411-1413、 2008 詳細
2008-9 行 : 後発医薬品、108成分463品目を薬価収載、 道薬誌 25 (9)、 48-49、 2008 詳細
2008-8 行 Rainer Brunschier: Generic Submissions in Japan from a Global Generic Player’s Perspective 、 ジェネリック研究 2 (1)、 15-28、 2008 詳細
2008-4 行 津谷喜一郎ほか: 欧州ジェネリック医薬品市場の持続発展−エグゼクティブ・サマリー、 薬理と治療 36 (4)、 269-272、 2008 詳細
2008-4 行 橋口正行ほか: 日本における非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)誘発性胃潰瘍に対する消化性潰瘍治療薬の費用比較分析、 YAKUGAKU ZASSHI 128 (4)、 585-594、 2008 詳細
2008-2 行 立石佳代: 後発医薬品使用促進の現状と課題、 日本大学大学院総合社会情報研究科紀要 (8)、 367-378、 2008 詳細
2008-1 行 増原慶壮: ヘルスサービスのなかのジェネリック医薬品と薬剤師の役割 (3)ジェネリック医薬品と薬剤師の役割、 日病薬誌 44 (1)、 75-78、 2008 詳細
2007-12 行 関野秀人: ジェネリック医薬品について関係者に期待すること、 ジェネリック研究 1 (2)、 122-126、 2007 詳細
2007-12 行 政田幹夫ほか: 服薬アドヒアランスと安全性を求めて、 臨床精神薬理 10 (12)、 2319-2331、 2007 詳細
2007-12 行 廣谷芳彦: 質疑応答「循環器病薬におけるジェネリック医薬品の現状について教えて下さい」、 循環制御 28 (4)、 329-332、 2007 詳細
2007-5 行 山本吉章ほか: ジェネリック医薬品代替調剤の試み、 日病薬誌 43 (5)、 631-634、 2007 詳細
2007-5 行 福田祐典: 医療保険,特に診療報酬の視点から …後発医薬品を中心に、 ジェネリック研究 1 (1)、 57-62、 2007 詳細
2007-3 行 本田孝也: GEのそれぞれの立場と実情 GEと開業医の立場、 治療 89 (3)、 567-570、 2007 詳細
2007-3 行 冷牟田浩司: GEのそれぞれの立場と実情 GEと公的病院の立場、 治療 89 (3)、 561-565、 2007 詳細
2007-3 行 宇賀神史彦ほか: GEのそれぞれの立場と実情 諸外国事例にみるGEの普及、 治療 89 (3)、 553-556、 2007 詳細
2007-3 行 陳惠一: GEのそれぞれの立場と実情 GEの海外との比較 −日米の違いについて−、 治療 89 (3)、 547-551、 2007 詳細
2007-3 行 豊沢義人: GEの安全性と副作用 GEと抗がん剤、 治療 89 (3)、 543-546、 2007 詳細
2007-3 行 小原拓ほか: GEにおける医療経済と医療制度 GEの競争政策上の評価、 治療 89 (3)、 527-531、 2007 詳細
2007-3 行 池田俊也: GEにおける医療経済と医療制度 GEと医療費適正化策、 治療 89 (3)、 521-525、 2007 詳細
2007-3 行 真野俊樹: GEにおける医療経済と医療制度 GEと医療経済の視点、 治療 89 (3)、 515-519、 2007 詳細
2007-3 行 下堂園権洋ほか: GEにおける医療経済と医療制度 DPC導入病院におけるGEの考え方、 治療 89 (3)、 509-514、 2007 詳細
2007-3 行 中尾誠: GEの適正使用について 代替調剤普及の壁は何か、 治療 89 (3)、 483-486、 2007 詳細
2007-3 行 増原慶壮: GEの適正使用について GEと薬剤師の役割、 治療 89 (3)、 487-492、 2007 詳細
2007-0 行 柳川忠二: ジェネリック医薬品の現状と問題点、 ファルマシア 43 (8)、 775-779、 2007 詳細
2007-0 行 増原慶荘ほか: ジェネリック医薬品の現状と薬剤師の役割、 ファルマシア 43 (8)、 769-774、 2007 詳細
2007-0 行 四方田千佳子: ジェネリック医薬品とは、 ファルマシア 43 (8)、 757-762、 2007 詳細
2006-7 行 菊地祐男: ジェネリック医薬品メーカーからの情報発信(2)「日医工」、 月刊薬事 48 (7)、 1077-1081、 2006 詳細
2006-6 行 坂上逸孝ほか: ジェネリック医薬品導入に伴う医薬品購入費抑制効果と一般名処方、 日病薬誌 42 (6)、 755-758、 2006 詳細
2006-2 行 矢田充男ほか: 国立釜石病院での後発医薬品導入の経緯とその後の問題点、 日病薬誌 42 (2)、 193-196、 2006 詳細
2006-1 行 佐藤博ほか: 医療制度改革とジェネリック医薬品、 薬局 57 (1)、 9-13、 2006 詳細
2006-1 行 増原慶壮: 一般名処方と薬薬連携の重要性、 薬局 57 (1)、 53-60、 2006 詳細
2005-5 行 湯本哲郎ほか: ジェネリック医薬品導入に伴う経済効果ならびに企業アンケート調査報告、 薬局 56 (5)、 1987-1993、 2005 詳細
2005-3 行 武藤正樹: 後発医薬品を考える (4)ジェネリック医薬品を導入するにあたって、 日病薬誌 41 (3)、 265-267、 2005 詳細
2005-3 行 池田俊也: 後発医薬品を考える (3)後発医薬品と医療経済、 日病薬誌 41 (3)、 263-264、 2005 詳細
2004-11 行 池田俊也ほか: ジェネリック医薬品と医療経済、 薬局 55 (11)、 2876-2879、 2004 詳細
2004-11 行 高瀬浩造: 診療報酬包括化(DPC)におけるジェネリック医薬品、 薬局 55 (11)、 2851-2857、 2004 詳細
2004-11 行 漆畑稔: ジェネリック医薬品と医薬分業、 薬局 55 (11)、 2847-2850、 2004 詳細
2004-11 行 武藤正樹: ジェネリック医薬品を導入するにあたって、 薬局 55 (11)、 2833-2839、 2004 詳細
2004-7 行 池田俊也ほか: 特集ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品と医療経済、 医学のあゆみ 210 (2)、 145-148、 2004 詳細
2003-10 行 津谷喜一郎ほか: 欧州における医薬品の価格設定と償還、 薬理と治療 31 (10)、 819-836、 2003 詳細
2003-9 行 石居昭夫: ジェネリック薬(後発薬)市場の拡大とその限界ージェネリックの行く手を阻む画期的新薬の開発ー、 薬局 54 (9)、 2565-2570、 2003 詳細
2003-2 行 中村洋: ジェネリック医薬品 良質で安価なジェネリック医薬品普及に向けた環境整備のあり方、 薬局 54 (2)、 1377-1387、 2003 詳細
2002-12 行 菊地祐男: ジェネリック医薬品市場の現状と将来像(3) ジェネリックの推進と課題、 Strategy (239)、 14-16、 2002 詳細
2002-11 行 佐藤淳子: 後発医薬品、 JIM 12 (11)、 1047-1051、 2002 詳細
2002-11 行 菊地祐男: ジェネリック医薬品市場の現状と将来像(2) 医療制度改革によるジェネリックの影響と動向、 Strategy (237)、 5-7、 2002 詳細
2002-10 行 菊地祐男: ジェネリック医薬品市場の現状と将来像(1) 医療制度改革がジェネリックに及ぼす影響、 Strategy (235)、 6-8、 2002 詳細
2002-8 行 越前宏俊: 一般名処方と後発医薬品の臨床薬理学、 医療 56 (8)、 469-471、 2002 詳細
2002-8 行 北澤潤: 特集:適正な医療の提供における一般名処方と後発医薬品 国立病院等における後発医薬品について 後発医薬品の採用状況、 医療 56 (8)、 461-464、 2002 詳細
1996-9 行 石居昭夫: FDAの話14 ジェネリック医薬品の行政(その2)、 薬局 47 (9)、 1403-1406、 1996 詳細
1996-8 行 石居昭夫: FDAの話13 ジェネリック医薬品の行政(その1)、 薬局 47 (8)、 1219-1223、 1996 詳細

原則として全文掲載はしておりません。一部の文献については「PDF全文公開」で全文を掲載しています。

GetADOBE READER

PDFをご覧になるにはAdobe Readerのインストールが必要となります。
Adobe社のサイトより無償でダウンロードすることができます。
最新のAdobe Readerをダウンロードする。

ページトップへ戻る