ジェネリック関連文献ライブラリー ジェネリック医薬品に関する文献を掲載しています。文献は随時追加しています。

ジェネリック関連文献ライブラリー:検索結果

検索結果一覧

82

掲載誌年月 資料名 詳細ページ
2006-12 製 品 情 豊沢義人ほか: ジェネリック医薬品メーカーからの情報発信(7)サンド、 月刊薬事 48 (13)、 2131-2136、 2006 詳細
2006-12 製 品 一森伸二ほか: 糖尿病合併高脂血症患者におけるプラバスタチンナトリウム先発医薬品から後発医薬品への変更に伴う血清脂質の変動、 Therapeutic Research 27 (12)、 2271-2274、 2006 詳細
2006-11 製 品 安 川島亨ほか: ツロブテロールテープ0.5mg「日医工」,ツロブテロールテープ1mg「日医工」及びツロブテロールテープ2mg「日医工」の生物学的同等性試験、 診療と新薬 43 (11)、 1147-1155、 2006 詳細
2006-11 製 品 情 中奥省三ほか: ジェネリック医薬品メーカーからの情報発信(6)大洋薬品工業、 月刊薬事 48 (12)、 1949-1954、 2006 詳細
2006-11 製 情 渡辺享平ほか: 個体内変動率を指標とした後発医薬品の評価、 医療薬学 32 (11)、 1145-1151、 2006 詳細
2006-11 製 品 鳥海良寛: 品質試験から見た後発医薬品、 医薬ジャーナル 42 (11)、 2758-2767、 2006 詳細
2006-11 製 鳴戸郁江ほか: ツロブテロールの経皮吸収製剤における先発医薬品とジェネリック医薬品の比較研究、 医学と薬学 56 (5)、 727-734、 2006 詳細
2006-11 他 福本恭子ほか: 円形錠剤に関する形状調査と患者意識調査、 医薬品情報学 8 (3)、 200-204、 2006 詳細
2006-11 他 田代ひろしほか: 特集新しい局面を迎えた後発医薬品 6.医療現場の視点から、 医薬ジャーナル 42 (11)、 2779-2882、 2006 詳細
2006-11 製 杉浦健ほか: クラリスロマイシンドライシロップ(リクモースドライシロップ)の製剤工夫と苦味評価、 医学と薬学 56 (5)、 735-742、 2006 詳細
2006-11 品 河野修治ほか: 後発医薬品(シンバスタチン製剤)の治療学的同等性に関してのレトロスペクティブな使用実態調査成績、 医療薬学 32 (11)、 1152-1158、 2006 詳細
2006-11 安 中山聖子ほか: 総合感冒薬「セラピナ顆粒」による薬剤性肺炎を合併したリウマチ肺の1例、 日本呼吸器学会雑誌 44 (11)、 858-863、 2006 詳細
2006-11 安 櫻川さほりほか: テプレノンの後発医薬品で経験した副作用、 診療と新薬 43 (11)、 1203-1207、 2006 詳細
2006-11 品 鹿島亜沙美ほか: テオフィリン徐放性ドライシロップ剤の先発品と後発品の品質比較評価に関する研究、 医療薬学 32 (11)、 1088-1093、 2006 詳細
2006-10 製 品 情 石井啓友ほか: ジェネリック医薬品メーカーからの情報発信(5)東和薬品、 月刊薬事 48 (11)、 1781-1786、 2006 詳細
2006-10 他 相良英憲ほか: 湿布剤に関する外来患者の意識調査、 医療薬学 32 (10)、 1059-1064、 2006 詳細
2006-10 品 小原拓ほか: 【ジェネリックを考える 適正使用のカギは薬剤師】 品質評価の実際 主な成分の研究 シンバスタチン 臨床的有用性の評価、 調剤と情報 12 (10)、 1335-1340、 2006 詳細
2006-9 製 品 安 水山和之ほか: クラリスロマイシン錠50mg小児用「日医工」,クラリスロマイシン錠200mg「日医工」及びクラリスロマイシンDS10%小児用「日医工」の生物学的同等性試験、 診療と新薬 43 (9)、 967-973、 2006 詳細
2006-9 製 品 安 新井俊彦ほか: ベニジピン塩酸塩錠2mg「日医工」及びベニジピン塩酸塩錠4mg「日医工」の生物学的同等性試験、 診療と新薬 43 (9)、 960-965、 2006 詳細
2006-9 製 品 情 清水計三ほか: ジェネリック医薬品メーカーからの情報発信(4)小林化工、 月刊薬事 48 (10)、 1587-1592、 2006 詳細
2006-9 他 陸寿一: ジェネリック医薬品の海外の現状、 調剤と情報 12 (10)、 1245-1250、 2006 詳細
2006-9 他 中村敏明ほか: ジェネりック医薬品の評価 良質な製品を見極める目が必要、 Nikkei Medical 、 136-138、 2006 詳細
2006-9 製 品 安 國領俊之ほか: プラバスタチン製剤先発医薬品と後発医薬品における臨床効果の比較、 医療薬学 32 (9)、 912-916、 2006 詳細
2006-9 品 山崎啓之ほか: 塩酸アロチノロール製剤の品質評価 先発医薬品と後発医薬品の比較、 医療薬学 32 (9)、 898-905、 2006 詳細
2006-8 製 吉田宗治ほか: 塩酸アンブロキソール徐放性カプセル剤の開発 一製剤を小型化した後発医薬品の事例一、 PHARM TECH JAPAN 22 (8)、 1483-1488、 2006 詳細
2006-8 製 品 情 山口正彦: ジェネリック医薬品メーカーからの情報発信(3)エルメッドエーザイ、 月刊薬事 48 (9)、 1423-1427、 2006 詳細
2006-8 製 品 安 三上洋ほか: セレギリン塩酸塩錠2.5mg「アメル」の生物学的同等性試験、 新薬と臨牀 55 (8)、 1247-1256、 2006 詳細
2006-8 製 品 安 水山和之ほか: ドロキシドパカプセル100mg「アメル」およびドロキシドパカプセル200mg「アメル」の生物学的同等性試験、 新薬と臨牀 55 (8)、 1237-1246、 2006 詳細
2006-8 情 本間雅士ほか: カルシウム拮抗薬Nifedipine徐放錠の医薬品添付文書における薬物動態情報に関する研究 先発医薬品と後発医薬品の比較、 医薬品情報学 8 (2)、 121-127、 2006 詳細
2006-7 製 品 安 陶易王ほか: バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」の生物学的同等性試験、 新薬と臨牀 55 (7)、 999-1007、 2006 詳細
2006-7 情 他 廣谷芳彦ほか: 後発医薬品メーカーに対する後発医薬品の情報提供に関する調査とその解析、 医療薬学 32 (7)、 700-709、 2006 詳細
2006-7 行 他 菊地祐男: ジェネリック医薬品メーカーからの情報発信(2)「日医工」、 月刊薬事 48 (7)、 1077-1081、 2006 詳細
2006-7 製 林田知大ほか: 膨潤溶解型ニフェジピン徐放性製剤の開発、 PHARM TECH JAPAN 22 (8)、 1595-1602、 2006 詳細
2006-7 品 木平健治ほか: 注射用塩酸リトドリン製剤の先発医薬品と後発医薬品における品質比較、 医療薬学 32 (7)、 667-672、 2006 詳細
2006-6 製 品 安 宮脇寛海ほか: アリルアミン系経口抗真菌剤、塩酸テルフィナビン含有錠のヒトにおける生物学的同等性試験−ビラス錠125mgとラミシール錠125mgの比較−、 新薬と臨牀 55 (6)、 863-868、 2006 詳細
2006-6 製 品 安 陶易王ほか: L−アスパラギン酸Ca錠200mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験、 新薬と臨牀 55 (6)、 856-862、 2006 詳細
2006-6 製 品 安 前田彰ほか: ラミテクト錠125mg(塩酸テルビナフィン製剤)の健康成人における生物学的同等性試験、 新薬と臨牀 55 (6)、 847-855、 2006 詳細
2006-6 製 品 安 関野久邦ほか: 口腔内崩壊錠ファモチジンD錠10mg「サワイ」・ファモチジンD錠20mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験、 新薬と臨牀 55 (6)、 829-846、 2006 詳細
2006-6 他 榊真喜夫ほか: ジェネリック医薬品メーカーからの情報発信(1)「沢井製薬」、 月刊薬事 48 (6)、 921-927、 2006 詳細
2006-6 行 他 坂上逸孝ほか: ジェネリック医薬品導入に伴う医薬品購入費抑制効果と一般名処方、 日病薬誌 42 (6)、 755-758、 2006 詳細
2006-6 製 品 安 福島政江ほか: RA患者に対するリウマトレックスカプセルとそのジェネリック医薬品メトレート錠投与による臨床効果の比較、 新田塚医療福祉センター雑誌 3 (1)、 17-19、 2006 詳細
2006-6 品 水谷秀樹ほか: 後発医薬品を使用した院内製剤ポビドンヨードグリセリン液の品質試験、 日病薬誌 42 (6)、 743-745、 2006 詳細
2006-6 品 上野和行ほか: ファモチジン口腔内崩壊錠の品質評価、 医療薬学 32 (6)、 511-516、 2006 詳細
2006-6 品 丹羽利充ほか: 慢性腎不全ラットにおけるインドキシル硫酸濃度と腎機能に対する経口吸着剤の効果、 医薬品研究 37 (6)、 373-380、 2006 詳細
2006-6 品 情 鳴戸郁江ほか: ファモチジン錠およびファモチジン注射剤の後発医薬品に関する品質評価、 医療薬学 32 (6)、 523-530、 2006 詳細
2006-5 他 工藤伸一: 特集ジェネリック医薬品の現状と課題 3.ジェネリック医薬品普及の課題 情報提供,安定供給,加算体系など 3)企業の立場から 、 Progress in Medicine 26 (5)、 977-980、 2006 詳細
2006-5 製 仲弥: 特集ジェネリック・ガイド 抗真菌内服薬、 MB Derma (113)、 27-32、 2006 詳細
2006-5 製 品 安 本田耕一ほか: ツロブニストテープ0.5mg,1mgおよび2mg(ツロブテロール製剤)の生物学的同等性試験、 医学と薬学 55 (5)、 727-736、 2006 詳細
2006-5 製 品 安 本田耕一ほか: クラリスロマイシンDS小児用10%「タカタ」(クラリスロマイシンドライシロップ剤)の生物学的同等性試験、 医学と薬学 55 (5)、 719-726、 2006 詳細
2006-5 製 品 安 陶易王ほか: ツロブテロールテープ2mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験、 医学と薬学 55 (5)、 737-743、 2006 詳細
2006-5 製 品 安 坪井實ほか: トレミフェン錠40mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験、 医学と薬学 55 (5)、 745-752、 2006 詳細
2006-5 製 品 安 陶易王ほか: ベニジピン塩酸塩錠2mg「サワイ」ベニジピン塩酸塩錠4mg「サワイ」およびベニジピン塩酸塩錠8mg「サワイ」の健康成人における生物学的同等性試験、 医学と薬学 55 (5)、 753-760、 2006 詳細
2006-5 製 品 安 長谷川雅容ほか: フルチカゾン点鼻液50μg「サワイ」28噴霧用(プロピオン酸フルチカゾン製剤)のスギ花粉症に対する臨床評価、 アレルギー・免疫 13 (6)、 822-894、 2006 詳細
2006-5 製 品 安 貴田岡正史ほか: 2型糖尿病患者を対象としたボグリボース錠0.2mg「SW」の有効性および安全性を検討する群内比較試験、 薬理と治療 34 (5)、 499-510、 2006 詳細
2006-5 安 黒松肇: 塩酸リトドリンジェネリック医薬品点滴静注で肝機能検査値異常がみられた1症例、 Pharma Medica 24 (5)、 86-88、 2006 詳細
2006-4 品 安 あすか製薬株式会社医薬情報部ほか: HMG−CoA還元酵素阻害剤ラミアン錠5mgの安全性に関する調査成績−横紋筋融解症関連症例の発現状況に関するプロスペクティブ調査−、 医学と薬学 55 (4)、 633-640、 2006 詳細
2006-4 製 品 安 関野久邦ほか: クラリスロマイシン錠小児用50mg「タカタ」およびクラリスロマイシン錠200mg「タカタ」の生物学的同等性試験、 医学と薬学 55 (4)、 525-534、 2006 詳細
2006-4 品 島谷智彦ほか: 胃内pHからみたオメプラゾール10mg錠の先発医薬品と後発医薬品の胃酸分泌抑制作用の比較、 PHYSICIANS THERAPY MANUAL 3 (3)、 、 2006 詳細
2006-4 品 松浦克彦ほか: 後発医薬品採用のための品質評価 マレイン酸エナラプリル錠における検討、 医療薬学 32 (4)、 306-313、 2006 詳細
2006-4 品 本田義輝ほか: 溶出試験から推測される後発医薬品上市後の品質管理の重要性 塩酸タムスロシン製剤の溶出試験結果を例として、 Progress in Medicine 26 (4)、 890-895、 2006 詳細
2006-3 製 品 安 新井俊彦ほか: セフニールカプセル100mgのヒトにおける生物学的同等性試験、 新薬と臨牀 55 (3)、 375-379、 2006 詳細
2006-3 製 品 安 坂田之訓ほか: バルデケンR錠200mgのヒトにおける生物学的同等性試験、 新薬と臨牀 55 (3)、 368-374、 2006 詳細
2006-3 製 品 他 千葉健史ほか: テルバンスDS20%の溶出性に対する各種飲食物の影響、 医療薬学 32 (3)、 250-258、 2006 詳細
2006-3 製 品 安 新井俊彦ほか: リクモース錠小児用50mgおよびリクモース錠200mgのヒトにおける生物学的同等性試験、 医学と薬学 55 (3)、 395-401、 2006 詳細
2006-3 製 品 安 保田国伸ほか: ベニトーワ錠2mgおよびベニトーワ錠4mgのヒトにおける生物学的同等性試験、 医学と薬学 55 (3)、 409-415、 2006 詳細
2006-3 製 品 安 保田国伸ほか: ネドリール錠125mg(塩酸テルビナフィン製剤)の生物学的同等性試験、 医学と薬学 55 (3)、 387-394、 2006 詳細
2006-3 製 品 安 新井俊彦ほか: リクモースドライシロップ小児用10%のヒトにおける生物学的同等性試験、 医学と薬学 55 (3)、 403-407、 2006 詳細
2006-2 行 矢田充男ほか: 国立釜石病院での後発医薬品導入の経緯とその後の問題点、 日病薬誌 42 (2)、 193-196、 2006 詳細
2006-2 製 品 山崎則之ほか: 自然発症高血圧ラットを用いた塩酸ジルチアゼム注射用50「イセイ」とヘルベッサー注射用50mgの薬効比較試験、 薬理と治療 34 (2)、 207-214、 2006 詳細
2006-2 情 久保さやかほか: 資料に基づく後発医薬品の評価―プラバスタチンナトリウムおよびシンバスタチン製剤の比較―、 日病薬誌 42 (2)、 219-223、 2006 詳細
2006-2 製 品 安 宮崎博之ほか: タンデトロン注射用(プロスタグランジンE1製剤)のウサギを用いた生物学的同等性試験、 医学と薬学 55 (2)、 257-262、 2006 詳細
2006-2 製 情 足立博一ほか: ジェネリック医薬品への切り替え採用における評価方法について「メシル酸ナファモスタット製剤」、 日病薬誌 42 (2)、 225-228、 2006 詳細
2006-2 安 川越英子ほか: 血液透析施行時におけるメシル酸ナファモスタットの先発品と後発品の比較検討、 日本透析医学会雑誌 39 (2)、 105-110、 2006 詳細
2006-1 他 三浦幹雄: ジェネリック医薬品市場の現状と今後の課題、 薬局 57 (1)、 69-74、 2006 詳細
2006-1 情 他 山田弘志ほか: 一般名処方の現状と課題−広域処方せんを応需する保険薬局の立場から−、 薬局 57 (1)、 61-66、 2006 詳細
2006-1 情 上原恵子: ジェネリック医薬品情報の集め方・読み方、 薬局 57 (1)、 25-32、 2006 詳細
2006-1 行 佐藤博ほか: 医療制度改革とジェネリック医薬品、 薬局 57 (1)、 9-13、 2006 詳細
2006-1 他 大野伴和ほか: ジェネリック医薬品の導入と今後の展望、 薬局 57 (1)、 3-8、 2006 詳細
2006-1 他 有山良一ほか: ジェネリック医薬品の選び方・使い方 内服薬、 薬局 57 (1)、 33-41、 2006 詳細
2006-1 他 佐久間愛ほか: ジェネリック医薬品の選び方・使い方 注射薬、 薬局 57 (1)、 43-49、 2006 詳細
2006-1 行 他 増原慶壮: 一般名処方と薬薬連携の重要性、 薬局 57 (1)、 53-60、 2006 詳細
2006-1 他 緒方宏泰: ジェネリック医薬品の品質評価に対する基礎知識、 薬局 57 (1)、 15-23、 2006 詳細

原則として全文掲載はしておりません。一部の文献については「PDF全文公開」で全文を掲載しています。

GetADOBE READER

PDFをご覧になるにはAdobe Readerのインストールが必要となります。
Adobe社のサイトより無償でダウンロードすることができます。
最新のAdobe Readerをダウンロードする。

ページトップへ戻る