ごあいさつ

社長挨拶

*

代表取締役社長 田村友一

まず初めに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された皆様およびそのご家族、関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。
また、医療の現場の最前線で多くの人々の命を守り、ご尽力されている全ての医療関係者の皆様に心からの敬意と感謝を申し上げます。

日医工グループは、1965年の創立以来、健康な生活を願う人々の期待に応えるため、経済性に優れた品質の高い医療用医薬品の製造販売を続け、本年の7月15日で創立55周年を迎えました。
その節目の日に、当社グループは新たな品質方針「安心と信頼への約束」を策定し、私自身が世の中に向けて宣言するだけではなく、社員一人一人が世界の患者様とそのご家族に「安心と信頼」をお届けすることを約束させていただいております。
これにより一人一人が「自分に何が出来るか」を考え、自覚と行動を持って「日医工グループの品質」に本気で取り組んでまいります。

また、新型コロナウイルス感染症対策についても重要な課題の1つととらえ、事業活動を推進しています。長年にわたり蓄積してきた臨床データを持つ注射用フサン®(一般名:ナファモスタットメシル酸塩)およびデカドロン®錠(一般名:デキサメタゾン)の安定的供給、臨床研究への薬剤の提供や製剤開発への参画等を通じて、新型コロナウイルス感染症拡大の終息に貢献してまいります。

“ONE NICHIIKO”として「グローバル総合ジェネリックメーカー」へのさらなる進化を遂げるために、第8次中期経営計画「NEXUS 」を遂行し、“Better than the Best.”「無限大の連繋力で今を超える」をテーマに、患者様の病気と気持ち、そしてご家族に寄り添う事業の推進と挑戦を続けてまいります。

ミッションステートメント

我々は、我々のジェネリック医薬品が世界の患者様とそのご家族・薬剤師様・お医者様・
卸売業者の方々・製薬企業の方々に必要とされ、提供し続けるために自ら存続する努力を行い、
ジェネリックメーカーとして世界で卓越する。

*

品質方針

日医工グループは、新たな品質方針を策定いたしました。

世界の患者様とそのご家族の安心と信頼にお応えするために、社員一人一人が取り組むべき行動・意識について5つの品質行動指針に集約し、品質方針として掲げました。

適正な経営資源を品質向上のために配分することにより、日医工グループは新たな品質方針に沿って、全社員が一丸となり患者様の病気と気持ちに寄り添う「安心と信頼」の医薬品をお届けし続けてまいります。

*
*