基本方針

トップメッセージ

地域社会との共生と子供たちの明るい未来を支え、
より健康で豊かな社会づくりへの貢献

*

代表取締役社長 田村友一

日医工グループは、1965年の創立以来、健康な生活を願う人々の期待に応えるため経済性に優れた品質の高い医療用医薬品の製造販売を続けてまいりました。


近年、我が国の国民医療費は増加傾向にあり、2025年には国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という「超高齢者社会」に向かっており、更なる社会保障費抑制政策による医療費削減が検討されており、2017年6月に示された「骨太の方針2017」では「2020年9月までに後発医薬品の使用割合を80%とし、できる限り早期に達成できるよう、更なる使用促進策を検討する。」とされ医療費抑制におけるジェネリック医薬品の役割とスピード感に対する期待が大きいと感じております。


後発医薬品の使用割合が80%を達成した先には国内市場の伸びが鈍化することを見据え、更なる成長のためバイオ後続品の開発を強化し、超品質を追求した医薬品を世界の患者さんの元へ届けるため世界市場への展開にも取り組んでおります。


ジェネリック医薬品メーカー世界トップ10入りに向けて、今後も患者さんの負担軽減や利便性の向上のための取り組みを行い、事業を通じて社会の持続可能な発展に貢献するべく取り組んでまいります。

お客様の声をかたちに

患者さまとそのご家族のための工夫

飲みやすさや利便性、安全性を高めるため、お客様からのご要望等に耳を傾け、新製品の開発と既存製品の改良に取り組んでいます。

MPIの活動

*

Stu-GEサイト

質の高い医薬品と医業経営コンサルタント認定者により、(医療従事者の方へ)医療行政情報や医療経営情報、またジェネリック関連情報などを発信しております。

詳細はこちら