品質保証体制

患者様や医療関係者の方々に安心してご使用いただけるよう、優れた品質と高い安全性をもったジェネリック医薬品を安定してお届けすべく、日医工は、日々さまざまな試験を行ってすべての製品とその製造工程を厳しくチェックし、より優れた製品をご提供できるよう常に目指しています。

優れた品質確保のために

日医工は、品質方針及び厚生労働省令で定められた「医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質管理の基準(GQP)」を遵守するために、生産本部から独立した品質管理本部が品質管理試験を実施し、製造管理/品質管理を保証するGMP推進部とあわせて製品の品質チェックを厳しく実施しています。

さらに製造販売業の品質保証部門が中心となって各工場の製造管理及び品質管理が適切に行われているかを保証することによって優れた品質の製品をご提供していきます。

高い安全性確保のために

医薬品は有効性を発揮する反面、副作用というリスクを招くことがあります。
このリスクを低減し、医薬品を適正に使用していただくためには、市場に販売されてからの製品の安全性および有効性情報が不可欠です。

日医工では、市販後に安全管理部門がこれらの安全性情報を収集し、正しく客観的に評価・解析した上で、これらの情報を医薬品添付文書に反映させ、医薬品情報担当者やインターネットを介して医療関係者の方々にご提供し、必要に応じて様々な措置を講じております。